Blog&column
ブログ・コラム

所有している空きの固定資産税について

query_builder 2020/11/01
コラム
wooden-house-old-house-cabin-shed
この記事では、自分が所有している空きの固定資産税についての情報をお伝えしていきます。
近年日本でも空きが増えてきている傾向にあります。
今後も増え続けると予測されていて、その可能性がある人も多いのではないでしょうか。
空きの固定資産税について紹介していきます。

▼空きになると固定資産税が高くなる

空きになることで、今まで受けていた特例がなくなり、結果として固定資産税が高くなってしまうことがあります。
ただし、空きになったからといってもすぐに固定資産税が高くなるわけではありません。
空きを放置することによる危険性や景観を害しているなどの条件を満たした場合にはじめてこの特例から外され、固定資産税に影響を与えます。
しかし、早めに対処しておくことに越したことはないので、早めに相談しておくと良いでしょう。

▼空きを活用するか売却する

空きを放置しておくことで、固定資産税への影響もあります。
空きがある場合には、早めに空きの活用方法を検討しておくと良いでしょう。
もしくは、売却してしまうなどの対処をしたほうが良い場合もあります。
不動産会社では、そのような空きの活用方法の相談なども受け付けています。
利用してみても良いでしょう。

▼まとめ

空きを所有している場合には、早めにどうするのかを考えておきましょう。
放置しておくことで、様々なリスクを背負うことにも繋がるので注意が必要になります。
弊社では、このような空きの活用方法についての相談も受け付けております。

NEW

  • 宇治市で物件情報をご提供|株式会社イエローハウジング

    query_builder 2021/10/10
  • JR山崎駅から徒歩4分の土地情報をお知らせ致します。

    query_builder 2021/09/28
  • 伏見区で物件情報をご提供|株式会社イエローハウジング

    query_builder 2021/08/29
  • 京都市伏見区で土地物件情報をご提供|株式会社イエローハウジング

    query_builder 2021/06/08
  • 城陽市で土地物件情報をご提供|株式会社イエローハウジング

    query_builder 2021/06/06

CATEGORY

ARCHIVE