Blog&column
ブログ・コラム

不動産売買の必要書類について

query_builder 2021/05/15
コラム
architect-documentation-documents-architecture
不動産売買の契約では、さまざまな書類が必要となります。
スムーズに契約を進めるためには、あらかじめ書類を用意しておきましょう。
前もって用意しておけば、いざ契約となったとき慌てずに済みますよ。
今回は、不動産売買での必要書類について解説致します。

▼身分証明書、実印、印鑑証明書
こちらは売主の確認書類です。もし物件が共同名義の場合は、全員のものが必要となります。
また、登記上の住所と現住所が違う場合は、住民票も用意してください。

▼登記済権利書または登記識別情報
いわゆる権利書です。
法務局から名義人に公布されるもので、物件の所有者であることを証明する書類です。

▼固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書
固定資産税の納税額を確認するための書類です。

土地測量図、境界確認書
土地や一戸建ての売買で必要となります。
土地の売買は、㎡単価×面積で価格が決まる場合もあるので、売却対象や対象面積の境界がとても重要になります。

▼建築確認済証および検査済証、建築設計図書・工事記録書等
一戸建ての売買で必要となります。
物件が建築基準に沿って建築されているかを証明するための書類です。

マンション管理規約、使用細則、マンション維持費等の書類
マンションの売却で必要となる書類です。
特に中古マンションの場合は、維持管理や使用ルールが重要となります。

▼耐震診断報告書、アスベスト使用調査報告書等
新しい耐震基準が定められる以前の古い物件の場合は、耐震診断報告書が必要となる場合もあります。
これはアスベスト使用調査報告書についても同様です。
必須というわけではなく、トラブル回避のために用意しておきましょう。

不動産の売買は当社にご相談を!
当社では不動産についてのご相談を承っております。
不動産の売買や契約時の内容について、お困りのことやお悩みがあれば、ぜひ当社までご相談ください。

NEW

  • 宇治市で物件情報をご提供|株式会社イエローハウジング

    query_builder 2021/10/10
  • JR山崎駅から徒歩4分の土地情報をお知らせ致します。

    query_builder 2021/09/28
  • 伏見区で物件情報をご提供|株式会社イエローハウジング

    query_builder 2021/08/29
  • 京都市伏見区で土地物件情報をご提供|株式会社イエローハウジング

    query_builder 2021/06/08
  • 城陽市で中古物件情報をご提供|株式会社イエローハウジング

    query_builder 2021/06/06

CATEGORY

ARCHIVE